美女toダンスは、見たかったダンスファッションやダンスが見られるダンスメメディアです。

<<  2017年04月  >>
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
 
   
 

News

【映画川柳】グラビアアイドルとして第一線を走り続ける杉原杏璃が、自伝的小説としてグラドル界の裏側を赤裸々に描いた処女作『......and LOVE』グラビアの世界では表現しきれないエロティシズムが「女優・杉原杏璃」によってスクリーンを彩る!  [2017年03月18日]
【映画川柳】
リアリティー
グラビア界の
舞台裏
      
 
©2016「...and LOVE」製作委員会 ©杉原杏璃/双葉社
 
『...and LOVE』
 3月18日(土)よりシネ・リーブル池袋レイトショーほか全国順次公開 
 
★STORY
グラビアアイドルのアンは故郷の海になぞらえ「碧い海のようなアイドル」になりたいと常に心に留めていた。なかなか芽が出ないのをマネージャーのカネオカのせいにしていたが、何とかして自分の魅力をアピールしようとブログを始め、いつしか読者数も50万人を超えていた。その数字が武器となり、グラビアをはじめとしたメディアでの仕事が次々と舞い込むようになる。グラドルの先輩からの陰惨ないじめやファンの行き過ぎた行動といったトラブルに遭いながらも、「どうしたらファンの人たちに喜んでもらえるのか」、「どうしたら碧い海のようなアイドルになれるのか」それだけを考え続ける日々。
そんなある日、同郷の友人から電話をもらうが「アンってそんな声じゃったっけ?」という言葉に言い知れぬ衝撃を受ける。「かつての自分の声はどんな声だったのか?」と自問自答したとき、「どうしたらファンの人たちに喜んでもらえるのか」と考えての行動が偽りの自分を演じているのではないかという不安に襲われるようになる。年齢も30歳を過ぎ、嘘のない生き方、そして本当の「自分の声」を取り戻すため、グラビアアイドルとしての活動をあと1年として、一所懸命走り抜くことを決意する。
アンには売れ出す前から付き合っていたツバサという彼氏がいる。自分より若いツバサとの倒錯的な愛はアンの不安定な心を解放してくれていた。ツバサの「グラビアやめて結婚しよう」という言葉に意識をしない訳でもなかった。しかし売れ始めてからツバサからの連絡も半年以上途絶えるが、親友のユウコの「気になってるんでしょ」という言葉に強がって見せるものの、年頃のアンにとって心の中で頼れるものを欲していることには違いない。そんな時に出会ったエリート商社マンのカズマは自分の悩みを聞いてくれ、的確な答えをアンに与えてくれる。自分を成長させてくれるカズマにのめり込み、幾度となく身体を重ねて行くが、ある日カズマはただセックスの相手が欲しかっただけだとわかり心に大きな穴をあけてしまう。
グラビア活動もあと半年と迫ったある日、アンの携帯にツバサからの着信表示が。ホテルの一室で再会した二人は半年という時間が作り出してしまった隙間を埋めるべくお互いの肌と肌を重ねて行く。ツバサに優しく抱かれながらアンはツバサのために、ファンのために、そして自分のために、あと半年後のその日までに自分の声を取り戻し、碧い海のようなアイドルになることを改めて強く心に留めるのである。そしてその日、アンは人気グラビアアイドルが総出演する「グラビアクイーンフェスティバル」の舞台に立っていた。
 
★CAST
杉原杏璃、鈴木勤、肘井美佳、鈴木貴之、古坂大魔王、斉藤祥太、成田瑛基、逢澤みちる、原扶貴子、菅原大吉、池畑暢平、小西キス、戸田れい、藤井奈々、穐田和恵、加藤智子、水口奈美、森下悠里、池田夏希、鈴木ふみ奈、天木じゅん、倉持由香、佐山彩香、大貫彩香、手塚穂奈美、甲本雅裕
 
配給・宣伝:アイエス・フィールド
テーマ:映画川柳
Comment(0) | Posted at 01:16

この記事へのコメント一覧

コメントの投稿

お名前*
メールアドレス
URL
件名*
内容*

※画像の文字を入力してください。(大文字小文字を区別いたします)