美女toダンスは、見たかったダンスファッションやダンスが見られるダンスメメディアです。

<<  2017年07月  >>
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
 
   
 

News

『頂 ~第2回キッズストリートダンスグランプリin川崎子ども塾~』レポート【ダンス動画あり】  [2017年07月06日]
 
 
2017年6月25日(日)
 
川崎青年会議所主催!
川崎市外からも多くのキッズダンサーが集まったキッズダンスコンテスト♪
 
日本のストリートダンスシーンの黎明期からダンサーの交流の場であった川崎駅近くのルフロン。ダンス史に名を残すダンスイベントが数多く開催されているダンスの聖地CLUB CITTA'。古くから踊り場として愛され、今では世界屈指のブレイクダンサーたちが日々鍛錬する溝の口。日本中のダンサーに知れ渡るダンス都市・川崎で、地元の青年会議所が企画したキッズダンスコンテストに総勢33組のキッズダンスチームが参加。33組中11組が川崎に所縁のあるチーム。昨年優勝した地元ダンススクール出身のQueen Meに続き、川崎キッズが優勝を勝ち取ることができたのか?! 気になる結果は、、、
 
 
小学生の部
 
 川崎JC賞 
ちょこちっぷ
※川崎JC賞とは
川崎市内にあるダンススタジオに在籍するチームもしくは川崎市内のダンスチームでなくても、チーム内メンバーのうち1名以上が川崎市内に在住・在学するチームの中から1組を川崎青年会議所理事長が選ぶ賞。特典として川崎フロンターレの観覧チケット20枚が贈呈されました!
 
 8位 
rub★berduck(ラバーダック)
 
 7位 
Joseフィーヌ.Bomb(ジョセフィーヌボム)
 
 6位 
EALeALE(エアリアル)
 
  
BABY TRIBE(ベイビートライブ)
 
 4位 
P!NO→★(ピノ)
 
 3位 
LILI&SAKU(リリアンドサク)
 
 準優勝 
Baby♡H(ベイビーエイチ)
 
 優勝 
PaP!Co♡(パピコ)
優勝したPaP!Co♡を舞ガール」ページでインタビューする予定なのでお楽しみに☆
 
小学生の部で、優勝から8位の中に入賞した川崎キッズのチームは、準優勝を受賞したBaby♡Hのみ。市外から参加したチームに圧倒された感がありました。準優勝になったBaby♡Hのダンスは9人で迫力あるパフォーマンスを披露! 『頂 ~第2回キッズストリートダンスグランプリin川崎子ども塾~』は、挨拶・礼儀も重んじるコンテストとして、パフォーマンス前にアピールタイム(自己紹介・挨拶等)が取られていた。小学生の部は、練習してきたと感じさせるチームや流行りのお笑いをアレンジして挨拶に取り込むチームがいました! たどたどしいチームも、あの大勢の大人が見守る舞台で挨拶した経験が今後の人生の糧になることだろう。現行のダンスコンテストなどで常に上位にくるダンサーは、「多くのステージ経験があったからこそ今の自分がある」と言う人が多い。
 小学生の部で唯一入賞した川崎キッズのBaby♡Hのダンスはこちら↓ 
 
 
中学生の部
 
 川崎JC賞 
Aloe(アロエ)
 
 8位 
Splash Bubble(スプラッシュバブル)
 
 7位 
Bivid(ビヴィッド)
 
 6位 
Aloe(アロエ)
 
 5位 
AsteRism(アスタリズム)
 
 4位 
LICCILE(リクシル)
 
 3位 
H☆SP(エイチエスピー)
 
 準優勝 
Rm'maman(リムママン)
 
 優勝 
RAGE HEADS(レイジヘッズ)
優勝したRAGE HEADSを舞ガール」ページでインタビューする予定なのでお楽しみに☆
 
中学生の部で優勝したのは、川崎キッズのRAGE HEADS! 優勝を取りに来ているスキルの高いチームがいる中、衣装やヘアメイク、そして立ち振る舞いなど他のチームにはない存在感やダンスの構成で第2回大会中学生の部を制した。兵庫県から参加した姉妹チームRm'mamanは、ダンススキルが高かったが惜しくも2位。自分たちで振り付けをしているという彼女たちは、「Rm'mamanっぽいダンスだね」と言われるようなダンスができるようになれば、どの大会でも優勝を狙える存在になるであろう。これからも注目していきたいチームでした❤︎ 6位に入賞し、川崎JC賞も獲得したAloeは、一人ひとりのカラーが伝わるダンス、そして表情でも三人三様であったのが印象的。今回審査員を務めたのは、川崎出身で、1990年代初頭地元の川崎ルフロンで行われたダンスコンテストに参加し、同じく川崎出身でMISIAの伝説のPV『つつみ込むように』に出演したTAKUYA(所属チームMO’PARADISE) やEXILEのMATSUこと松本利夫やUSAなどと出会い、彼らとともに、関東のダンスシーンをリードしてきた世代の一人であるDAISAKU。そして、同じく川崎ルフロンのダンスコンテストに出場していたと言うTAEZO。彼女は、現在川崎市内にある小学校を中心にストリートダンスの授業やワークショップを行なっている。また、2002年からダンスの紙媒体やウェブメディアに関わり裏方としてストリートダンスを見てきた株式会社bashmentの角代表も審査員を務めた。そして、昨年も審査員を務め、今年も審査員をしたヒットンや数多くの有力キッズチームをプロデュースするMAAも審査員として参加するなど、審査員陣が豪華! 全体的に、今回がダンスコンテスト初出場というチームも多くいるキッズダンスの登竜門的なイベントとなった。今回入賞を逃したチームも来年は入賞目指して頑張ってほしい。また、大会最後に川崎青年会議所の白石理事長が「将来的には、全国の青年会議所を巻き込み、全国各地で予選会を開催し、ダンスの聖地CLUB CITTA'にて決勝大会を実施して参ります。」と言っていたので、今後この大会が拡大していくのが楽しみ♪
 
 
【ダンス写真
絵になるダンス写真を何枚かチョイス! カメラマンの腕次第というところもあるが、、、。選ばれたチームはダンス動画も掲載しちゃいます!
P!NO→★(ピノ) 
 
ムギーズ
 
Joseフィーヌ.Bomb(ジョセフィーヌボム)
 
4KAS(フォーカス)キュレーターでもあるRENAプロデュースのキッズチーム♪
 
 
Splash Bubble(スプラッシュバブル)
 
Bivid(ビヴィッド)
 
AsteRism(アスタリズム)
 
H☆SP(エイチエスピー)
 
 
青年会議所とは、
20歳から40歳までの若者が「社会への奉仕」「個人の修練」「世界との友情」の3信条のもと、希望と情熱を持って「明 るい豊かな社会を構築する」ことを目指し、ボランティアや行政改革等の社会的課題に積極的に取り組む団体
 
川崎青年会議所HP:http://kawasaki-jc.or.jp/
 
 『頂 ~第2回キッズストリートダンスグランプリin川崎子ども塾~』に参加した一部のチームのダンス動画は、美女toダンスYouTubeチャンネルにアップました!
みんなチャンネル登録して、是非見てみてくださいね!
美女toダンスチャンネルhttp://bit.ly/2q0bB75
 
イベント企画会社やテレビ制作、CM制作会社がチェックして、オファーをもらうことが多い”ダンサー発掘・発見・発信”する人気インタビューコーナー『舞ガール』
 
※舞ガールコーナーでは、女性ダンサーや女性アーティスト、もしくは男女混合チームを取り上げさせて頂いております。男性ダンサーは、特集ページで掲載予定★
Comment(0) | Posted at 12:00

この記事へのコメント一覧

コメントの投稿

お名前*
メールアドレス
URL
件名*
内容*

※画像の文字を入力してください。(大文字小文字を区別いたします)