美女toダンスは、見たかったダンスファッションやダンスが見られるダンスメメディアです。

<<  2017年11月  >>
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
 
   
 

News

【映画川柳】被告である家族4人全員に死刑判決が下った事件をモチーフに映画化した『全員死刑』  [2017年11月14日]
【映画川柳】
殺すだけ
オンナを守る
サンタさん
      
 
©2017「全員死刑」製作委員会
 
『全員死刑』
 2017年11月18日(土)全国ロードショー 
 
★STORY
「おまえは一家の跡取りだけん、ここらで男になって欲しいら…」
 
弱小ヤクザ一家の次男・首塚タカノリ(間宮祥太朗)は、両親や兄に頼み込まれるがまま、組の身代わりとして2年のムショ暮らしを終えた。しかし、家へ帰ってくると上納金も払えず、莫大な借金を抱える家族の姿があった。小心者の親父・テツジ(六平直政)と、ヒステリックな母・ナオミ(入絵加奈子)、姑息な兄・サトシ(毎熊克哉)は、このままでは一家心中だと嘆き、長年の恨みを持つ近所の資産家・パトラ(鳥居みゆき)が貯め込んだ2000万円を強奪しようと計画を立てていた。そんなことを知らずに愛する女・カオリ(清水葉月)と情事を楽しむタカノリ。そんな折、サトシは金を独り占めするために、両親に内緒で強盗を決行。タカノリを言葉巧みに焚き付けパトラ家に侵入させた。シャブのせいもあってか、アドレナリンが暴発したタカノリは居合わせたパトラの息子、次男のショウジを絞殺。しかし結局2000万円はどこにもなく、見つかったのは安物の宝石だけだった…。2000万円は一体どこにあるのか? そして、パトラ一家をどう始末するのか? 両親や兄にせがまれ、頼まれ、懇願し続けられたタカノリは、家族の為に、そして、愛する女の為に、歯止めのきかない連続殺人を続けていくことになる…。
「ひとり殺すなら全員殺すも同じこと!」
こうして、家族総出の連続殺人が幕を開けた。
 
★CAST
間宮祥太朗、毎熊克哉、六平直政、入絵加奈子、清水葉月、落合モトキ、藤原季節、鳥居みゆき 
 
★STAFF
監督・脚本:小林勇貴 
原作:鈴木智彦「我が一家全員死刑」(コアマガジン刊)
脚本:継田淳
音楽:中川孝
エンディングテーマ:HER NAME IN BLOOD「Answer」(WARNER MUSIC JAPAN)
 
配給:日活/東京テアトル
公式HP:shikei-family.jp
テーマ:ニュース映画川柳
Comment(0) | Posted at 22:30

この記事へのコメント一覧

コメントの投稿

お名前*
メールアドレス
URL
件名*
内容*

※画像の文字を入力してください。(大文字小文字を区別いたします)