• HOME
  • ブログ
  • 舞ガール
  • 【interview】世界を股に掛けるトップダンサーMiyuがクリエイトする自宅で参加する新時代のダンスコンテスト♪

【interview】世界を股に掛けるトップダンサーMiyuがクリエイトする自宅で参加する新時代のダンスコンテスト♪

2010年代前半、水星の如く現れ様々なダンスの大会で11連覇。一気にその名を轟かせたキッズダンスチームONPARADEのメンバーMiyu。19歳の頃、ダンスの師匠であるALMA HIROと共にフランス・パリで行われたJUSTE DEBOUT 2017 WORLD FINALで世界一に輝く。最近はファッションモデルとしても活躍しており、多忙な毎日を送ってきたMiyuが、新型コロナウィルス感染症の影響を受けるダンサーたちに贈る、自宅で参加するオンラインコンテスト#KEEPDANCINGCONTESTを企画。発起人であるMiyuに話を聞いた。

Q,最近は、どのように過ごしていますか?
自宅でずっと外出自粛をしています。onlineで生徒達と練習をしたり、onlineレッスンをやらせて頂いたり、動画を編集したり、個人の練習をしたり、ビデオを撮影したり色々してます! あとはお菓子を作ってます!(笑)

Q,なぜ#KEEPDANCINGCONTESTを開催しようと思ったのかを教えてください。
自分が関わらせて頂いていたイベントは勿論、その他のコンテストやバトル等も開催できなくなってしまったというお知らせを毎日のように目にして、何かに挑戦する場が無くなってしまったダンサー達を応援できるようなことができたらと思い企画しました。普段コンテストで審査するような事は、画面を通してでは臨場感などが伝わらないし、審査できません。なのでonlineならではのルールを加えてみたので楽しみながらやってもらえたらと思います。

Q,「onlineならではのルール」とありますが、どのようなルールか教えて下さい。
ダンスは生じゃないと絶対に伝わらないという事は分かっているので、それを踏まえてどう審査しようかよく考えました。各自の家で行うとなると、それらの動画を並べるという作業が必要になるので、どうせなら構成を編集したり、生ではできない様な人や物の使い方ができたら面白そうと思い、アイデアや簡単な映像編集でのクリエイティブを審査基準にしました。例えば右画面の人が何かを投げたら左画面から出てくるとか(笑)。ジャンプしたら画面が増えるとか(笑)。 無限にあると思います(笑)。みんながネガティブになりがちな時期だと思うので、皆さんの面白いアイデアで少しでも見てる方がハッピーな気分になれる様に…と思ったのもこのルールにした理由の一つです。

Contents

#KEEPDANCINGCONTESTのルール

▽作品への参加人数は2人以上。
▽撮影場所は、原則それぞれ自宅。
※自宅で踊れない場合は、3密を避けた安全な場所で1人で撮影。
▽選曲は自由。
▽動画は1分以内。
▽どのようなアプリで、どのような編集をしてもOK。
▽出来上がった作品を必ず2つのハッシュタグを付けて、Instagramの自分のアカウントに投稿。
#keepdancingcontest
#みんなでおどり続けよう
————————————————–

#KEEPDANCINGCONTESTの新たな試みとしては、出場するダンスチーム、ユニットは、全てリモートで話し合いダンスの構成だけでなく、映像のクリエイティビティも求められるという点にある。会場で行われるダンスコンテストでは、ダンスをするステージのコンディションや会場の雰囲気など様々な事柄が参加者の経験値を上げてくれる。#KEEPDANCINGCONTESTは、ダンス動画をどう見せるかという動画編集のアイデアが求められ、ダンスのスキルやダンスの構成力だけじゃない映像アイデア力の向上にもつながりそうだ。このコンテストをきっかけに、新しい時代のダンス動画のスターが誕生するかもしれない。

Q,Instagramをプラットフォームにした理由は?
instagramだと誰でも見ることが可能なので、コンテストに参加できなくても一緒に楽しめるのでは無いかと思いinstagramでの投稿にしました。

#KEEPDANCINGCONTESTの審査員を務めるMiyu、Macoto、RIRIKAによる参考動画


Q,参考動画はどのように作りましたか?
あわせのフリ(各自1エイトくらいずつ)、簡単な構成チェンジ、アイデア(隣の映像に移動するところ等)、ソロが、分かりやすい様に順番に入っています! この程度のビデオだと一日で完成しました!

Q,オンラインレッスンを行っていましたが、準備で大変な事は何ですか?
私がやらせて頂いているonlineレッスンは、企画して下さっている方々やスタジオの方々が準備して下さっているので、準備段階では私は大変なことはありませんでした。スタジオでレッスンする事ができないダンサーをサポートする為に動いて下さっている方々に、本当に感謝でいっぱいです!

Q,オンラインレッスンを実際にやってみて、良い点は何ですか?
私の場合、皆さんが挑戦しにくいHOUSEというジャンルなので、普段できないのが恥ずかしくて挑戦できていなかったり、レッスンについていけなかったら…と心配している皆さんも気軽に受けることができているのが良い点としてあげられます。600人くらいの方がHOUSEのレッスンを見たり挑戦して下さるって普段ではありえない事ですね!

about HOUSE DANCE


ハウスミュージックは、「4つ打ちのリズム」「短い音・メロディのループ」「速めのテンポ(BPM120前後)」が特徴の音楽。そのリズムやテンポに合わせ「流れるような素早い足さばき」をするのがハウスダンス。多種多様のステップにスピンなどを織り交ぜ、リズミカルであり時にめまぐるしいほどに踊るのがハウスのスタイル。「音楽との一体感」が踊る者にも見る者にも心地よさを与える。

Q,オンラインレッスンの欠点は何ですか?
インスタライブでのレッスンだと、皆さんが動いている姿が見えないので、実際に思ったことや感じたことをアドバイスする事ができない事と、やっぱり生と映像だと全く別物に見えるので、感じるものが大分変わってきてしまうところですね!

Q,オンラインレッスンを行って、何か新しい発見などはありますか?
発見というより感じた事としては、実際にみんなに会ってレッスンできる事が本当に、良い環境だった事に改めて気づかされましたね! あとは個人的に、HOUSEというジャンルはあまり興味を持ってもらえないジャンルだとと思っていました。でも、HOUSEに挑戦したかったけど、できていなかった子がこんなに沢山いたんだなというのが新たな発見でした。

Q,不要不急の外出を自粛しているイマをどう乗り越えようと考えていますか?
この状況で私自身ができることは、ダンサーとして踊り続けてみんなに楽しさやハッピーを届ける事だと思うので、私の踊りや、普段はシェアしない練習の仕方など皆さんが興味を持ってもらえる事を発信できたらなと思ってます!  後はこの何もできない期間の中で、自分自身にもっともっと色々インプットしていきたいです! ダンスもダンスじゃ無い面でも! この状況が収まった後にやりたい事を、色々考えて少しでもワクワクしながら生活できたらいいですね。

#KEEPDANCINGCONTESTの詳細はMiyuのInstagram @miyudance_ をチェックしてね♪

edit & text SUMI MASAMITSU(bashment) Instagram @bashment_jp


Miyu profile
キッズ時代ONPARADEとして数々のコンテストで連続優勝し、スタードラフト会議やXperia CMなどテレビでも活躍。現在はAlaventaとしても活動をしJAPAN DANCE DELIGHTで3位になる。バトルでは全国大会はもちろん、アジア、世界大会でも優勝経験のある若手ハウスダンサー。世界最高峰のバトルイベントJUSTE DEBOUT WORLD FINALで師匠と共に19歳にして優勝を果たした。現在はアーティストのMVやLIVE出演、モデル等活躍の幅を広げている。

【ダンス経歴】
・JAPAN DANCE DREAM CONTEST 優勝
・TEENS MASTER PIECE KIDS 部門 優勝
・MASTER PIECE ZERO KIDS 部門 優勝
・ALL JAPAN SUPER KIDS DANCE COTEST FINAL準優勝
・ICE CREAM DANCE CONTEST FINAL 優勝
・GIRLS舞遊伝 3rd FINAL優勝
・DANCE@LIVE FINAL MAIN STAGE 出演
・DANCE ATTACK!!2012 FINAL 中学生の部 特別賞
・JAPAN SUPERKIDS DANCE CONTEST FINAL中学生部門3位
・BATTLEAP vol.2 優勝
・GIRLS舞遊伝4th FINAL 優勝
・WDC関東予選 HOUSE SIDE 優勝
・WDC JAPAN FAINAL BEST8
・TEENS DANCE@PIECE BATTLE 優勝
・DANCE@LIVE 北海道 HOUSE 優勝
・Funkinstylez 2014 (Germany) JAPAN TEAM
・Nothing 2 looz ASIA ベスト4
・MAXPARTY(Taiwan) 準優勝
・SDK EUROPE2015(Czech Republic) ベスト4
・Teens dance@pice battle park house side 優勝
・DANCE@LIVE 東北  優勝
・DANCE@LIVE 北海道 優勝
・DANCE@LIVE FINAL HOUSE SIDE ベスト4
・2016.5.22 SDK ASIA(HongKong)優勝
・Summer dance forever japan ベスト6
・ZERO CONTEST 2016 tokyo 優勝
・Fish to fly 優勝
・Bigbang tokyo 優勝
・フェアリーズ LIVE DANCER
・JUSTEDEBOUT FINAL 優勝
・Soul session HongKong 準優勝
・ JAPAN DELIGHT DELIGHT FINAL 3位
・HOUSE CITY ASIA FINAL 優勝
・WORLD OF DANCE JAPAN 優勝
・HIPOP SESSION WORLD FINAL 準優勝
・MISIA 武道館LIVE ダンサー
・HOUSE CITY WORLD FINAL 準優勝
・BODYROCK Asia 審査員
その他イベントゲスト、バトル多数出演

【メディア出演歴】
・日テレ系列スタードラフト会議 GUEST 出演
・ソニーモバイルコミュニケーションズ Xperia CM出演
・LIVE DAM AKB48 ヘビーローテーション 踊ってみた!ver
・牛角 WEB CM
・G-SHOCK × BABY-G summer collection CM出演
・JINS カタログモデル
・ELLE JAPAN online site
・ユニクロ ezyanklepants CM 出演
・ELLE GIRL online site
・HIDEOUT 2019 ss CM出演
・WEGO ✖️ kaneZ 広告 出演
・MISIA 平成最後 武道館LIVE ダンサー
・claquepot “choreo” MV 出演
・紅白歌合戦 MISIA ダンサー
・BABY-G 2020 SS モデル
・中国大型音楽番組 MISIAダンサー

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。